【経験者が語る】うつ病で休職、履歴書にどう書くべき?

【経験者が語る】うつ病で休職、履歴書にどう書くべき?
後悔しないキャリアを創っていくキャリアコーチング

うつ病で休職をしていたのですが、履歴書にはなんて書けば良いでしょうか。

とお悩みの方向けに、

かた でかお (Youtube)
・大手上場IT企業に専門職で新卒入社&6年勤務
・突然のメンタル不調で1年休職&退職
・同じ専門職で奇跡的に大手へ転職して15日で退職(今ここ)。

が、今回は「【経験者が語る】うつ病で休職、履歴書にどう書くべき?」について解説をしたいと思います。

目次

  1. 【経験者が語る】うつとは書かず休職歴だけは記載した
  2. うつ病と書かずに休職歴だけ記載した理由
  3. 履歴書・面接では嘘はつかないように気をつける
  4. うつで休職からの転職活動が不安なら、プロに相談
  5. まとめ

【経験者が語る】うつとは書かず休職歴だけは記載した

新卒で入った会社で7年目に入ろうとした時に1年間休職することになりました。1年間という長期休職だったため源泉徴収票的に確実にバレるな(自分で確定申告をするという理由で断れば問題ない)と思い、休職理由は書かずに休職歴の記載だけしていました。

休職歴がある人の場合、オープン就労とクローズ就労の2つから選択することになります。休職理由、例えば精神疾患によって休職をしていた事実を正直に企業へ伝えるか、伝えないかの2択ということですね。

詳しくは下記の記事で解説しているので転職活動で、休職理由を正直に伝えるか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

うつ病と書かずに休職歴だけ記載した理由

正直、履歴書に「うつ病」などの精神疾患が記載されていると企業からすれば「この人を取って大丈夫か??」となるのが普通でしょう。企業からすればいくら応募者にスキルがあっても精神疾患の履歴があれば懸念材料として見送られる確率がグンと上がります。

そのため、オープン就労・クローズ就労どちらにも対応できるように「休職」していた事実だけ記載するようにしていました。

履歴書・面接では嘘はつかないように気をつける

履歴書や面接において気をつけたいのが、嘘はつかないようにする事です。自らわざわざ休職内容や採用において不利になることは言う必要はありません。ですが、面接官から聞かれたことにはしっかりと答える必要があります。

なぜなら、嘘をついて採用されてその嘘がバレた場合は虚偽の報告とみなされて内定の取り消しや、退職を余儀なくされなることがあります。

うつで休職からの転職活動が不安なら、プロに相談

休職をした身からすると、その後の転職活動は一段と不安でしょう。通常の転職活動でも不安なのにその上「うつ」だった事実が付き纏い懸念材料が残ります。

もし休職後の転職活動に不安があるのであれば、転職エージェントを利用することで、親身に転職の不安の相談に乗ってくれたり応募企業との仲介をしてくれるためスムーズになるので検討してみましょう。

まとめ

今回は「【経験者が語る】うつ病で休職、履歴書にどう書くべき?」について解説しました。

\ まずは自分の適性や市場価値を確認してみませんか?/

後悔しないキャリアを創っていくキャリアコーチング

30歳、自分にとって生きやすい生き方を模索中😇 大手上場IT企業に専門職で新卒入社&6年勤務、突然のメンタル不調で1年休職&退職、同じ専門職で奇跡的に大手へ転職して15日で退職(今ここ)。 INFJ / HSP / 人見知り / アラサー / 繊細 / 30代 / IT業界 / 元デザイナー / 短期離職 / 肩幅が広い

シェアする